VIRTUOSO VIOLINS -ヴィルトゥオーゾ ヴァイオリン- > スタッフ > Aruka Ikeyama

STAFF

Aruka Ikeyama

修理修復技術・国際事業担当
Restorer, International Div.

経歴

京都府出身。12歳からチェロを始める。21歳でクレモナ国際ヴァイオリン製作学校に入学し、W. ザンベーリに師事。卒業後はマッシモ・アルドリに師事しその工房で働き研鑽を積む。また、クレモナ職業訓練校Cr.Formaの楽弓修理過程においてズラヴィエロ父子、M. ディ・ランダの工房で研修を授かる。2023年帰国、翌年ヴィルトゥオーゾに入社。修理技術だけでなく、堪能なイタリア語と英語を生かした接客から外国取引まで幅広い分野を担当している。

メッセージ

20代をイタリア・クレモナで過ごし日本に戻ってきました。たしかな情報・技術をお届けできるよう、これからも日々勉強を続けてまいります。言葉が好きで、移動時間にはイタリア語・英語のほかスペイン語・中国語のポッドキャストを聞いています。

Staff

スタッフ紹介

私たちがサポートします