VIRTUOSO VIOLINS > 楽器制作者 > 楽器製作者 > Luca Pasquetto

MAKER

Luca Pasquetto

1963年イタリア・クレーマ出身。1981年クレモナ国際ヴァイオリン製作学校卒業。ヴァンナ・ザンベッリに師事。

卒業後、フランチェスコ・ビッソロッティのもとで研鑽を積む。

その後ローマに移動し、アレッサンドロ・ダミーコの工房で働く。

またクレモナに戻り、ビッソロッテイと協力体制で働く傍ら、シチリア・カターニアのベッリーニ劇場所有楽器のメンテナンスにも携わる。

クレモナ国際製作コンクール”トリエンナーレ”では優秀な成績を収めており、1988年にチェロで銀賞、1994年にヴァイオリン2台で3位と7位入賞、1997年に再びチェロで銀賞を取っている。

Luca Pasquettoの楽器一覧