VIRTUOSO VIOLINS > 楽器制作者 > 楽器製作者 > Giovanni Lazzaro

MAKER

Giovanni Lazzaro

1967年イタリア・パドヴァ出身。1985年クレモナ国際ヴァイオリン制作学校卒業。リッカルド・ベルゴンツィに師事。

その後パドヴァに戻り開業。現在はパドヴァの工房のほか、クレモナ、ザルツブルクにショールームを持つ。

修理・修復をJ. Nebel, Vahkn Nigogosian(いずれもサッコーニの直弟子), Kenneth Meyer, Yun Ching, Igor Moroderに師事し、精力的にオールド楽器の修復も手掛ける。 制作・修復ともに演奏家との協力体制で、徹底した音作りを追求している。

Giovanni Lazzaroの楽器一覧